自販機マニアの自販機のイロハ コカコーラ自販機に勝つ自販機裏技

自販機を始める 売れる自販機をつくる1

自販機を始めようとする場所、自販機を設置しようとする候補地があるならば自販機設置の方法、自販機ビジネスのやり方を考えなければいけません。

コカコーラ自販機やサントリー自販機などの大手飲料自販機オペレータに依頼する方法。それと自販機を自分で所有し売上管理し個人自販機オペレータとしてやっていく方法、2種類の自販機ビジネスの方法があります。

このページではコカコーラ自販機やサントリー自販機などの大手飲料自販機オペレータに依頼する方法を書いていきます。

コカコーラ自販機やサントリー自販機などの大手飲料自販機オペレータに依頼すると、こちら側としては、何もする必要はなくなります。ただ自販機に電源コンセントを提供することは必要です。自販機が使用した電気代を支払うだけです。

ちなみに自販機で使用する一ヶ月の電気代は夏場は3〜4千円、冬場は4〜5千円といったところです。

意外ですね〜冬場の方が自販機の電気代はかかります。

それはホットとコールドの共有運転にて自販機により付加がかかるためです。

夏場は自販機電気代も安く、自販機飲料も売れる時期なので、自販機売上は夏勝負といった基本があります。

そして電源を提供した自販機が販売した一ヶ月に販売した売上の一部、決められた割合をもらうことができます。

決められた割合とは、最初に締結した契約によります。この割合は一定率ではありません。自販機メーカーから見てお客さんに応じて決定します。そしてこの部分にポイントがあります。非常に重要な部分なのです。

すべては何割もらえるかによってこの方法の自販機ビジネス効率も増加します。キッチリ自販機設置会社を比較、検討しましょう。

そして何割もらえるかの手数料条件の一番いいところに依頼するようにしましょう。

今は大手飲料自販機のやり方では飽和状態であります。だから飲料自販機の設置場所は奪い合いであるので他社との比較条件をちらつかせ交渉すれば必ずいい条件がとれます。

なにもしなければ自販機設置オペレータの標準的もしくは最低条件にて提示されます。

結果この部分の条件で30パーセント近くの手数料で獲得合意できれば、いい契約内容といえるでしょう。

その自販機オペレータ会社と自販機設置の打ち合わせを始めましょう。

コカコーラ自販機やサントリー自販機、いろんな自販機オペレータ会社を手数料比較、交渉してみてください。それに全力をつくして自販機設置オペレータといやらしく交渉してください。

次のページでは自販機の始め方のもう一つの方法、自販機を自分で所有する自販機ビジネスにて解説します。

スポンサードリンク
お気に入りサイト